園の一日の流れ
年間行事
今月の予定メッセージ
今月の献立
7月以降の保育施設等の利用について(6月25日)
葛飾区子育て支援部より通達がありましたので以下の通りお知らせします。


7月以降の保育施設等の利用について

今月の保育園からのメッセージ

暑さも日々増して行き、本格的な夏の季節もすぐそこまで来ているようです。
今月より通常保育になり、保育園に活気が戻ってきました。3か月閉所していた支援センターを先月より開け、地域の親子もあそびに来てくれています。久しぶりに会う子ども達が大きくなっていて驚いています。
東京都の感染者が増えていて油断ができない状況ですが、新しい生活様式を実施しながら利用者の方に安心して生活できるように努めていきます。

青戸福祉保育園のコンセプト

桜並木・けやき並木、芝生広場と園の周りは緑がいっぱい。
園の中にも柿・梅・枇杷・金柑・栗等の実のなる木があって、
四季折々の変化を楽しみながらこどもたちは日々を送っています。
庭の梅で作る梅ジュースは夏の定番の飲み物として大人気、
栗の実や枇杷も買ったものとは違う味を楽しんでいます。
また園庭の片隅を使っての栽培活動では、トマトキュウリはもちろんの
こと、キャベツ・落花生・トウモロコシ・かぼちゃ・スイカ等様々な
ものを収穫。ダンゴ虫探しや泥団子遊びに夢中になっているこどもたちです。
0歳から6歳までの子どもたちが年齢を超えた交流をたくさん持てるように、
異年齢集団を生活の土台に据え、遊びも自分たちで決めていく保育の
仕組みのなかで、子どもも大人も「昼間の家族」として、助け合い
学びあう日々を送っている保育園です。
  • 「昼間の大きなお家」の中で、子どもたちは
    自分らしさを発揮しながら生活をしています。
  • 子どもたちは自ら考え行動し、学びます。
  • 大人は子どもたちのモデルとして、成長し続けます。
  • 地域の子育て中の人も含め、
    みんなが心地よく感じられる環境を作ります。
  • 一時保育や子育て広場の活動を通して、
    地域の人たちとつながり輪を広げます。

代表ご挨拶

「厚生福祉会は地域の福祉のよりどころとして存在する」と掲げている法人の理念に添って
子どもたち・保護者・地域の方たち・そして働く仲間たちの4つの視点を持って、
園の運営方針を定めております。
※こどもたちが自分の気持ちややりたいことを実現できる室内や園庭の環境設定と、
食・寝・遊の場の分離を図る生活環境づくりに努めています
※「子育ての伴走者」として、子どもの成長を喜び合える関係を保護者と結び、
一緒に考えあい共に歩むことを大事にしていると同時に就労支援も丁寧に行っています。
※地域の子育て中の皆さんの心の拠り所になれるよう、園舎内にある子育て広場そして
一時保育などでたくさんの方たちとの関わりの輪を広げています。
※職員は結婚・子育て・介護などの人生の節目を、お互いに助け合いながら乗り越え、
常に成長し続ける集団でありたいと努めています。  
この4つの柱を基本に日々の活動を行っています。
喧嘩したり、怒ったり、泣いたり悔しがったりしながら、「一緒に生きるって楽しい
ってことが実感できる場、笑顔が絶えない場」でありたいと心から願い、
日々の運営を行っております。

お知らせ

2020.04.15
YouTubeチャンネルを開設いたしました。
2020.02.05
★ホームページをスマホ対応にリニューアルいたしました。
2019.04.01
★平成30年度決算報告・事業報告及び苦情処理状況については、本部ホームページでご覧ください。青戸福祉保育園玄関に閲覧用のファイルも置いてあります。

アクセス

厚生福祉会 青戸福祉保育園
〒125-0062
東京都葛飾区青戸3-13-25
青戸駅から徒歩10分!
改札を出て右手にお進みください!
TEL 03-3603-7873